21世紀の物流システムを目指します
北興運輸株式会社
ホッコウ物流 エコライン ホッコウ商事 日興自動車工業 ドーホク 新菱機販 谷内 ホッコウ総合保険 山形パッケージセンター
 
 
平成31年4月1日
1.輸送の安全に関する基本方針と社内周知方法
【 基本方針 】
 輸送の最大の責務は「安全」であり、事業経営の根幹です。
 全社員が「安全第一」を誓い、具体的な行動をとります。
 社長は、社内に置いて輸送の安全確保に主導的な役割を果たします。
【 周知方法 】
 社内掲示するとともに、運輸安全マネジメント会議にて徹底してまいります。
 
2.輸送の安全に関する目標
2019年度 事故(責任事故)発生件数前年度対比30%減少を目標とします。
2019年度 重大事故(第一当事者)発生件数0件を目標とします。
 
 
3.輸送の安全に関する重点施策
 ①事故原因の検証を強化し、安全行動・再発防止策の周知徹底を行ってまいります。
 ②後退時ルールの徹底と社内実車訓練を実施し、後退事故防止を強化してまいります。
 ③デジタコによる安全運転評価を活用し、エコドライブ推進及び安全意識の高揚を図ってまいります。
 ④大型トラックの死角補助として、サイドカメラを23台装着し、大型車(10t超)装着率を50%といたします。(予算250万円)
 ⑤後退・巻き込み事故防止として、360°オムニビューモニターを新規登録車両より導入いたします。(予算150万円)
 ⑥全社安全大会を年2回実施いたします。
 
 
4.安全に対する情報交換方法
月1回の運輸安全マネジメント会議にて乗務員との意見交換を行います。
 
 
5.輸送の安全に関する達成状況(平成30年度)
責任事故発生件数は前年度対比1件減少も、目標は未達となりました。
  重大事故(第一当事者)発生件数は0件で目標を達成いたしました。
 
 
6.目標達成状況に係わる反省と改善
・類似事故撲滅に向けた対策の再徹底を行い、理解と定着を図ってまいります。
  ・運輸安全マネジメントでPDCAを徹底してまいります。
 
 
7.事故に関する統計
自動車事故報告規則第2条に規程する事故(平成30年度)
「該当ありません」
 
北興運輸株式会社本社営業所
代表取締役 老松 勝美
 
Copyright(C) HOKKO GROUP All Rights Reseaved.    


ページ
TOP